JAいしのまき

MENU

種雄牛「勝洋」とは

勝洋

画像提供:宮城県畜産試験場

 「勝洋」は、平成21年1月7日に石巻市桃生町で生まれました。父牛は、宮城県を代表する肉質に優れた種雄牛「茂洋」で、「好平茂」に次ぐ2頭目の「茂洋」後継牛となります。

 

勝洋の成績

 「勝洋」は発育、体積、品位を美点としています。現場後代検定では、脂肪交雑(BMS)ナンバーが宮城県歴代トップの8.0となり、ロース芯面積67平方センチで上物率は88%と驚異的な数字となりました。

現場後代検定成績
  勝洋 全国(注2)
検定頭数 16(注1)  
出荷月齢 30.5 30.1
枝肉重量 474kg 473.8kg
ロース芯面積 67cm2 67.3cm2
脂肪交雑 8.0 8.0
上位等級率※ 88  

注1 : 去勢牛11頭、雌牛5頭
注2 : 平成25年度全国平均値
※上位等級率は、A4・5の割合です。