JAいしのまき

MENU

いしのまきの米

温湯処理の流れ

計量

種モミ 袋詰め計量器で種モミを袋詰めします

 20kg紙袋入れの種モミを、網袋に詰め替えます(うるちは5kg、もちは4kgと2kg)。

 このときに袋の色は品種ごとに違うものとし、また、袋の中に品種名を記したカードを入れて、種の取り違えのないようにします

温湯処理

温湯処理 冷却処理温湯処理と冷却処理が自動で行われます

 網袋のまま、60度のお湯に10分間(品種により若干増減)浸します。

 これにより苗立枯れ性細菌病、もみ枯れ細菌病、ばか苗病、苗いもち病等の病害を殺菌します。

冷却処理

 所定時間、温湯に浸した後、冷水に5分間浸して、熱を持った種籾を冷やします。

脱水処理

脱水槽脱水槽

 冷却が終わった種籾を高速脱水機にかけて表面水分を除去します。

一時保管・配送

水切り台、冷却装置、温湯処理槽、種籾供給台左から、水切り台、冷却装置、温湯処理槽、種籾供給台 温湯処理平面立面図温湯処理平面立面図

 処理が終わった種籾はパレットコンテナにつめ、生産者に配送します。