JAいしのまき

MENU

いしのまきの米

おいしいお米の理由

水、大地、気候、地形が豊かなおいしさを育む

新旧北上川新旧北上川が流れ豊かな殻倉地帯をつくりあげています

 JAいしのまき管内は、沖積平野が広がり、新旧北上川や鳴瀬川の豊かな水源に恵まれています。水田面積は12,000ヘクタールと、県内有数の豊かな穀倉地帯をつくりあげています。

 太平洋に面した海洋性気候で、真夏でも夜の気温はあまり上りません。9月、10月の平均日照時間は県内でもっとも長く、稲は「ゆっくり」そして「しっかり」と登熟し、まさに「おいしい米づくり」に適した環境です。

 JAいしのまき米は、おいしいお米の条件「水、大地、気候、地形」のすべてに恵まれ、稲作生産農家の惜しみない努力により、伊達藩から続くコメづくりの伝統を今に引き継いでいます。

ふるさとの味をまごころ込めて届けます

車塚敏博JAいしのまき
稲作部会長
車塚敏博さん

 いしのまき農協稲作部会は、現在451人の会員で構成しています。

 消費者のみなさんが求める安全・安心なおいしいお米の生産に向けて会員一丸となってがんばっています。

 私たちが大切に育てた「JAいしのまき産米」を、ふるさとの味とまごころを込めてお届けします。

よりおいしい米づくりへの挑戦

生育調査生育調査の様子稲作情報(後)と栽培マニュアル(前)稲作情報(後)と栽培マニュアル(前)
  1. 地帯別・品種別の作付目標面積を定め、適地適作を目指します。
  2. 栽培マニュアルの作成、生育調査圃の設置、出穂25日調査や坪刈り調査により、きめ細かな営農指導を行います。また、全生産者のコメの食味を分析して品質の改善に努めます。
  3. 管内5カ所の堆肥センターを利用した、良質な堆肥の施用を進めます。